Green Technology

風力発電プロジェクト

HOME > プロジェクト > 風力発電プロジェクト

プロジェクトリーダー

教授

中村 健二|Nakamura Kenji

工学研究科 技術社会システム専攻

概要

風力発電は、安全で最もエネルギー変換効率の高い再生可能エネルギーである。また、四方を海に囲まれている日本は洋上風力発電を推進することによって、電力大国になる可能性を秘めている。しかしながら、欧州と日本では風況が異なるため、世界で用いられている発電機を日本に移設しても十分に安定した電力を作りだすことには限界がある。また、既存の発電機はギヤ式であるため、定期的なメンテナンスが不可欠であり、洋上ではその費用が莫大にかかり、コスト面で問題が生じる。
このような課題に着目し、本プロジェクトでは日本の風況に適した軽量で高耐久なブレードの開発、非接触で増速可能な磁気ギヤ技術を応用したメンテナンスフリー発電機、発電機の高出力化に欠かすことのできない高性能磁石の開発などにより、我が国に適した次世代の風力発電システムの実用化を目指す。